ライトガイドは様々なシーンで活用されています

このサイトでは、医療用のライトガイドなどを始めとする高機能ライトの紹介とその明るさ、スペックに関しての説明を展開しています。
近年は医学の進歩も目覚ましく医療にも多く使われており、歯科向けのライトを始め、内視鏡手術や検査などでも必要不可欠な存在で、医療向けに開発されている製品も多いです。
照らしても熱があまり発生することもなく照らすことができるLEDが存在し、人体に入れても医療事故を招く心配もなく、問題のない状態で利用することができます。

医療用ライトガイド

医療用ライトガイド 医学の発展に寄与する存在としては、医師が体の内部に存在する患部を見ることができることがポイントとなります。
特にガン治療でも用いられる内視鏡においては、人体に入れた状態で手術や検査まで対応することが可能です。
その時に必要となるのがライトガイドで身体の内部を熱も生じることもなく照らすことができます。
人体に入れても十分に安心のできる医療用ライトガイドで開発され、重要な機器にもなっています。
医療用ライトガイドの進化は目覚ましく、安全性も高くなっている上に高機能化を実現しています。
その機能の一つには最小を実現し、身体の中に入っても極力、違和感を感じずに強力な光をもたらすことも可能です。
医療用として用いる場合には手術を始め、各種検査、健康診断などでも活用することもできます。

病院で診察・検査・手術などのシーンで多用されるライトガイド

病院で診察・検査・手術などのシーンで多用されるライトガイド 多くの病院では医師が患者の病気の状態を把握するため、画像診断を行うことが多いのが実情です。
画像を見ることで病状が解り、今後の治療に結び付くので重要となるのは間違いありません。
その画像を写し出すには身体内部は暗いため、ライトガイドを活用して照らすことで身体内部の状況を見ることが可能です。
また検査だけでなく手術などで患部の切除を行う上でも使うことができ、ライトガイドがあることで適切な治療に結び付くことになります。
そのためライトガイドは医療目的に使われることも多く、近年はより小さくなって機能的にも優れたタイプも開発されています。
小さくてより鮮明に映し出すことができれば、患者の負担軽減にも繋がるため、最新式のタイプは患者や使う医師の立場に立った製品も開発されています。
なおライトガイドには幾つかの種類が存在し、病院では多種類の製品を保有していることも多いです。
またメーカーに依頼すれば、特注品で開発製造してくれることもあり、現場で利用する医師のニーズを反映させることもできます。
近年は癌などで亡くなる方も増えていますが、その腫瘍の状態を把握して、適切な措置を行う上でもライトガイドを使い対応していくことはポイントにもなります。

ライトガイド関連サイト

ライトガイドの技術紹介